fc2ブログ

hitujiya Yu-bi (筆字屋 邑美)

路上詩人 安田邑美の日々を書いています

o.mo.i

8月19日  http://ameblo.jp/sho-yuubi で下記のコトバを書いた。


今見せているものが、相手にとって私の全て。

自分では、違うまだある。

と、思っていても見せていないからないものと同じ。

だから、隠さず外に見せていかないといけない。



路上詩人として活動しながら、書家の肩書きを手に入れたからこそ見えてくることがある。
書と路上詩人の強みと弱み。
今まで、路上詩人をしながら書家の部分を見せようと必死だった。
最近、書家として書いた作品と路上詩人として書いた作品の両方をおくことにした。
私は、『書家→路上に出る』ではなく、『路上→書家なった』人間だからかも知れないけれど、
どこかで、分けていることろがある。
分けていると自分の中で葛藤が起きる。
一緒にして、ちぐはぐな感じがする。
今は、寄せ集めている感じ。
これから、何とかしていこう。


書家としての筆文字の表現力。
路上詩人としてのオリジナル力。
そのどちらも、手にできることって凄くない?

路上で書いている人たちへ・・・。
書道習わない?








スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する